読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラベンダーな歌姫

今日は小田さくら17歳の誕生日です〜〜!落ち着き様からまだセブンティーンだなんて感じられない、'16の歌姫小田さくらの生まれた日がまさに今日です。

おだちゃんは本当に才能と努力を両方併せ持っている子だと常々思っています。
性格はふわふわしてて急に歌いだしたり、かなりヲタ気質だったりなかなか面白い子ですが、歌声は本当に唯一無二の凄まじいパワーを持っているとっても素敵な子ですね。つんく♂さんに、逸材と言わしめるだけのことはあります。オーディション時から他を圧倒する歌声でしたが、年々貫禄と妖艶さを帯びてきています。

もちろん歌だけでなく、ダンスも定評があるのがおだちゃんです。ブレスト冒頭のダンスを例として、歌唱面を重視されているためダンス部起用は未だないですが、娘の中でも上位に入る実力だと思います。もともとフラを習っていたこともあり、体がとてもしなやかで、セクシーな振りを踊らせるととても映えるタイプです。

  • 弄られの小田


小田ちゃんと言えば、先輩から弄られるキャラの典型ですね。最近は割とヒヤヒヤすることもあるのですが、あゆみんとの絡みはなかなか面白いです。

川c ’∀’) 「小田ァ!」

9期10期は割と4人でいることが多かったですから12期が入るまではとても寂しかったと思います。基本的に、ふくちゃん、香音ちゃん、まーちゃんと仲の良いイメージですが、パフォーマンスも全て評価して彼女を認めていたのはりほりほでした。

ですが、そのりほりほ無き今、正直小田弄りは見ていて気持ちいいと思えない時が多々あります。これは特に小田推しの方は思うでしょう。本人は弄られることを美味しいと思っているような節もありますが、娘。を背負う屋台骨の1人なだけに心配になります。よくカレーを食べにいく仲でもあった、香音ちゃんも卒業を発表しているため、彼女の心の拠り所とできる人がいなくなってしまうのではないかと時に思います。

小田ちゃんが先日の武道館公演後のブログで述べていた「小田は出来て当たり前」のようなプレッシャーもありますし、歌う事に喜びを感じなくなってしまうのでは、、、と非常に心がザワザワするので、できれば弄りは最小限にしていただければ、こちらも変に気を揉まないのにと、、、、思うことも最近は多いです。

他のメンバーとの関係性では、まーちゃんとパフォーマンス面で刺激し合っている部分が多いと思います。GRDで、まーさくで奏でたmemory青春の光。まーちゃんは歌うのが自分で良かったのかと悩んでいた時もありましたが、小田が「佐藤さんなら大丈夫」というような話をしていたのが印象的でした。天性のセンスで自己のパフォーマンスを確立しつつあるまーちゃんと、持ち前の歌唱力で他を凌駕するおだちゃん。馴れ合いだけじゃなく、高め合える関係性なのかなと思っています。しかし、今の2人はお互いが自分を成長させることに必死なので、互いが互いを思いやることは難しいかもしれません。まーさくがそれぞれパートナーとしてお互いに信頼できる存在になったとき、より娘。のパフォーマンスは安定するのではないでしょうか。

実際、今の娘。は各々がめまぐるしく変わる状況に自分を追いつかせることに必死で、グループでパフォーマンスするために必要な団結心が揺らいでいる気がする時もあります。元々〜期!的な塊が強いですから、仕方ないですけど

ほんとにあくまでも個人的な意見にしか過ぎませんが、さゆ卒を華々しく送り出すために、グループで団結して、パフォーマンスに取り組んでいた'14期に比べると、各々の気持ちがバラバラに見えてしまう。これは、今、わたし自身の娘。モチベが下がってる要因でもあります。

1ファンがあーだこーだ言っても仕方がありませんが、大好きなのに、最近の娘。を見ているのが正直苦しいです。


  • 未来を開く歌姫として


正直小田ちゃんは、現在群雄割拠な日本アイドル界においてもトップのレベルに立てる歌唱力だと思います。ハロ内でも歌の上手い子は多いです。しかし、おだちゃんの声は、万人受けしやすく、凄みも出せればライトにも歌える。こんな10代のアイドル中々いないと思います。パフォーマンスは生であろうと、野外であろうと安定したものを見せてくれますし、娘。が誇る歌姫です。

ですが、彼女のその妖艶さももつ可憐な歌声を知らない方は沢山います。さくらのしらべも結局行くのは身内ヲタですから、どうにか彼女の歌声を世間一般の方に認知してもらう為にも、カバーのお仕事やソロのお仕事にもどんどん挑戦してもらいたいのが、私としての本音です。

現に過去ハロプロの歌唱力エースとされてきた愛ちゃんや松浦さん、藤本さん、ごっちんが本当に歌えるアイドルであることを知らない人たちも多いですから。もう少しUFが様々な垣根を越えて、おだちゃんを売り出しても良いんじゃないかなと思います。1人の知名度が高くなり続けるのは、あまり良いことではありませんが、そこからグループの知名度の高まりにもつながるので、是非おだちゃんが歌で活躍できる場が増えることを楽しみにしてます。

  • 最後に

今の娘。に言いたいことはたっくさんあります。UFのマネジメントの体制自体に疑問を持つこともありますが、それ以前に、娘。メンバー自体がただ、与えられた課題をこなしているだけのように見えてしまうんです。

9期10期はもう5年活動しています。比べるわけでは無いですが、同世代でデビューしているアイドルでは、振りを自分で考えたり、歌詞を書いたり、ギターやピアノをライブソロで使ったり、衣装やステージの構成を考えてやっている子達は多いです。元々ハロプロのアイドルはつんく♂プロデュースでしたから、セルフプロデュースをする機会自体がなかったのかもしれません。最近ふくちゃんのブログで意見を入れてもらえたと書いてありましたが、まだまだ大人の力が強く働いている印象があります。

でも、その采配で才能のある子達が集まった今、もっと自分達発信でステージを作ってもいいんじゃ無いかなと思う時があるんです。

それこそ、ライブでちぇるの伴奏に合わせておだちゃんがソロを歌うとか、元モデルでセンス抜群のはるなんが衣装案を作るとか、石田が振りをつけるとか、まーが楽曲を作ってみるとか。考えれば幾らでも面白いアイデアが出てくると思うんですが、超体育会社会のハロプロでは、やっぱり難しいところなのでしょうか。

大好きだからこそもっと面白いグループに育って欲しいのがわたしの願いです。
そのキーマンとして私は小田さくらを推したい。もちろん一推しであるリーダーのふくちゃんにも期待していますが、今の彼女には背負うものが多すぎる。だからと言っておだちゃんに全てを委ねてしまうのもいけないのですが、でも、彼女の中でいまモヤモヤしているものが晴れればきっと娘。は良い方向に進んでくれるんじゃ無いかと思ってます。

長くなりましたが、本当に人の心に刺さる声を持った子です。いつまでも素敵な歌を歌い続けてください。

誕生日おめでとう。