読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校生活を終える君たちへ

ハロプロ Sexy Zone

初投稿のこのブログに自分の推しと自担が高校を卒業するということで、制服期間終了という寂しさと、今後の期待を込めて思いを綴りたいと思います。



まずは自担。松島聡くん

実際セクゾにがっつりハマったのは5人活動が再開されてからなので、爆イケDKコンビしょりそうをリアタイで味わうことなく、むしろ聡ちゃんの高校生ライフもさほど追えていません。
とはいってもセクゾデビューの少し前まではれっきとしたジャニヲタの部類だったのでやんわりではありながら彼らの動向は追っていました。元々Jr.時代から有名でデビュー間違いなしと言われていたふまけんに、超絶美少年だけど素人感の抜けない勝利と、一個下なのに圧倒的なショタ感を誇る聡ちゃんと、なんだこの国際的な美天使は!っという印象のマリウスが同じグループ!??という当時の衝撃といったらありませんでした。ですが、元々HSJのヲタだったので、NYCboysとしてもB.I.shadowとしても活動していたふまけんを知っていましたから、あぁまた人気グループから引き抜いて、、、、と思っていました。

このグループにはまったのは最近と上述しましたが、はじまりはTwitterにて、あの恋愛ゲームパロディを見てしまったことに起因します。はい、チョロいです。そこから、あれこんな面白い子たちだったからしら?となり、某動画サイトでセクチャンにたどり着きあれよあれよというまに年明けで、アルバムをすべて借りその他3人のソロ曲もiPhoneに落とし、草津が見たいがためにカラアイのC盤を買い、見事Welcome to Sexy Zoneされました。その最中あの!伝説の!BYAKUYA島さんを!拝見し!松島担となった訳です。

さて私の経緯はおいて、先日、聡ちゃん本人が進学はしないことを発表しましたね。正直、学ぶ意欲の強そうな勝利が進学しなかったことにも驚きましたが、一生懸命受験勉強に取り組んでいるエピソードもあった聡ちゃんが、来年から社会人と言ったことにも同様の驚きがありました。彼にとって2015年が変化の年であったことは間違いないと思います。マリウスも雑誌でグループのことを思いすぎて自分のことを二の次にしているという発言もしていたので、5人での活動が本格的に再開された今の状況で、グループ活動と芸能のお仕事に真剣に向き合い、芸能1本で行くと決めたのではないかと解釈しています。そう考えると、余計に草津での発言が身にしみますね。あの怒涛の夏の現場をマリと共に乗り越えた先に5人での活動再開が待っていて、兄3人のソロコンも刺激となったのでしょう。普段はアホっぽく天然な聡ちゃんの熱い一面に正直涙がでて、同時にアイドルしてのプライドを感じました。端々で真面目なコメントも多くなり、比例してファンミのキス発言や下ネタもちゃっかり増えてきた聡ちゃん。卒業式今日なのかわからないけど!おめでとう!これからはアイドル松島聡を楽しんでください。しっかし、本当に聡ちゃんのDK時代を追えなかったことを本当に後悔、、、、、、

さて話は変わりまして、次は推しである
生田衣梨奈ちゃん。

娘。をまた追い始めたのもまた最近です。'14になってからですね。元々亀井絵里ちゃんがすきだったので卒業してからどんどん同年代が投入されていく娘。見ているのがとても辛くて、、、3年近く間が空きました。しかし好きなのには変わりなく、元々エッグで推していた譜久村聖ちゃんが加入したこともあって現場は入りませんでしたが、陰ながら応援していました。現場に行き始めぽんぽんプレイを目の当たりにし、ぽんぽんで推し始め、今に至ります。

えりぽんは比較的にJKライフを楽しんでいたように思います。ふくちゃんは雑誌で友達が少なかったことを話していましたし、あまり学校の話題がブログに上がる事はありませんでしたが、えりぽんは度々ブログに高校生活を上げていたので、充実していたのではないかと思います。アイドルとしては歌割が貰えないことを嘆いていたり、魔法使いキャラを編み出したり中々見ていてハラハラすることもある子でした。そんな中、さゆ卒でサブリーダーとなってからは、以前のように前に前に!という精神は失わず、でも後輩を率いていく姿勢も見えるようになってなかなか頼もしくなりました。ハロコンやツアーでアクロバットもとりいれられるようになり、最近のえりぽんは前にも増して輝いているように思います。正直PRISMの時のえりぽんは今までのツアーでは見たことのないような自信にあふれた顔をしてましたから。ハロコンでも全員曲でも前半で良いパートが来ていたり、幻となりつつあるわかっちゃないでのソロパートの安定感であったり、そして、春ツアーでは具合の悪くなったまーの代行としてしょうがない夢追い人のパートをを任されていましたから、歌も成長していることを感じました。また、元々美人な子でしたが、最近は色気も帯びてきて華のある子に育ったなとしみじみ感じています。立て続けにて卒業が決まり娘。モチベ自体は落ちましたが、未だに彼女たちを応援していく理由の1つに生田衣梨奈の可能性を感じているからというのがあります。多くの生田ヲタの願いであった制服グラビアはもう封印となってしまいますが、そのスタイルの良さと持ち前の前に!前に!精神を生かして是非バラエティドルの道に進んでいただきたいと思います。ユースケサンタマリアという熱烈な生田ヲタもいる事ですし、バラエティで面白いアイドルを探している方是非!よろしくお願いいたします。笑

最近の娘。では進学者はいません。むしろ福祉の道に進むために香音ちゃんが卒業発表したくらいなので、勉強と活動並行するには、娘。は難しい環境なのかもしれません。(愛理やあやちょが大学に通っているのでハロ自体が難しい環境ではない) えりぽんも何も語ってはいませんが、進学はしないと思います。しかし、グループがさらなる飛躍と進化をするためにも、ステージという学び舎で切磋琢磨してほしいと思います。




この他にも数々の97年組のアイドルが高校卒業という区切りを迎えます。  

去年私も高校を卒業しましたが、制服を着られなくなることで一気に心が老け込みました。また大学生活が1年終わり20歳を迎えるということで大人に近付けているのかな?と思うこともあります。

これから彼らにはまた前途多難な道が待ち受けているかもしれませんが、どうか彼らがキラキラアイドルとして輝ける1年でありますように。


卒業おめでとう。